ウコンの副作用と効果・効能

ウコンの副作用と効果・効能

ウコンの副作用と効果・効能

 

ウコンとは

 

ウコンは、現在世界中に50種類ほどあります。

 

 

日本でも約4種類のウコンがあり、春ウコン、秋ウコン、紫ウコン、黒ウコンがあります。

 

 

一般的にウコンとして知られているのは秋ウコンで、
二日酔いや肝臓の強化などに多く用いられています。

 

 

秋ウコンは正式名称を「鬱金」と呼ばれ、
昔からうつ病に効果のある薬として利用されてきました。

 

 

また、秋ウコンは肝臓に良いとされるクルクミンが
春ウコンの約10倍以上も含有しています。

 

 

このクルクミンは様々な効果があることが解っており、
最近では、アルツハイマーの原因物質を脳内から排除する働きや、
副作用のない抗ガン剤としての研究もされています。

 

詳しくは、「ウコンとは」へ

 

 

ウコンの副作用

 

ウコンは基本的に安全な成分なのですが、
過剰摂取による副作用のケースや、ウコンを制限すべき病気をお持ちの方もいます。

 

 

◆ウコンの摂取を制限する必要があるケース

 

・肝機能障害の場合

 

・高血圧の方

 

・妊娠中の方

 

・ワーファリン等を服用されている方

 

・胆汁管障害、胆石の方

 

クルクミンには、胆のうの機能を促進し、

 

 

◆ウコンの副作用の可能性があるケース

 

・糖尿病の方

 

・急性黄疸

 

・ヘルペス

 

・消化性潰瘍

 

・胃酸過多

 

詳しくは、「ウコンの副作用」へ

 

 

ウコンの効果・効能

 

最近では、お酒のお供として人気のウコンですが、
お酒以外にも、様々な効果・効能が期待されています。

 

ウコンには、以下の様な効果効能があります。

 

・肝機能の向上

 

・胆汁の分泌を促進する効果

 

・抗がん作用

 

・認知症の予防

 

・腸内環境を整える

 

・免疫力を高める

 

・食欲増進効果

 

・血流を改善する

 

詳しくは、「ウコンの効果・効能」へ