ウコンと二日酔い

ウコンと二日酔い

ウコン二日酔いの予防や改善に効果が期待されています。

 

 

最近では、ウコンは二日酔いに良い成分として有名ですが、
香辛料や漢方薬として古くから利用されてきました。

 

 

また、ウコンはカレーのスパイスのターメリックとしても有名です。

 

 

ウコンには様々な成分が含まれていますが、
その中でも二日酔いに有効なのがクルクミンです。

 

 

クルクミンは肝臓の働きを活発にし、
さらには胆汁の分泌を促進させるので、二日酔い解消に有効とされています。

 

 

まず、アルコールは肝臓で酵素などの働きによって代謝され、
アセトアルデヒドという物質に分解され、そこから酢酸に分解されます。

 

 

酢酸は血液によて全身に運ばれ、
筋肉や脂肪で水と二酸化炭素に分解され、息や汗、尿として体外に排出されます。

 

 

アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドは、
頭痛や動悸、吐き気などを引き起こします。

 

 

これが二日酔いの原因となるのです。

 

 

また、アルコール自体の影響で胃が荒れたり、
脱水症状になったりして、さらに二日酔いの不快な症状を引き起こします。

 

 

ちなみに日本人は、外国人と比べて、
アセトアルデヒドを分解する脱水素酵素の分泌が少ないため、二日酔いになりやすいとされています。

 

 

ウコンに含まれるクルクミンは、脱水素酵素の働きを活発にし、
アセトアルデヒドを分解を促進して、二日酔いの症状を改善させます。

 

 

また胆汁の分泌も促進し、アセトアルデヒドの代謝を促進する作用があります。

 

 

肝臓はアルコール分解時に大きな負担がかかりますが、
ウコンに含まれるクルクミンには肝臓の炎症を減らしたり、保護する働きがあります。

 

 

このことから、ウコンは肝臓の解毒効果を高めてくれるほか、
アルコールの代謝を促進させ、肝臓の働きをサポートとしてくれる重要な成分といえるでしょう。

 

 

ちなみに、お酒を飲む場合にウコンを摂取するタイミングは、
仕事の接待などの大事な場面で、あまり酔いたくないときは、
お酒を飲む前にウコンを摂取しましょう。

 

 

また、お酒で酔いたいけど、二日酔いしたくない場合は、
お酒を飲んだ後に、ウコンを摂取するようにしましょう。