ウコンの摂取方法

ウコンの摂取方法

 

ウコン摂取方法はケースによって様々です。

 

 

まずは、ウコンの摂取方法には、食品で摂取する方法、
粉末で摂取する方法、サプリメントで摂取する方法があります。

 

 

◆ウコンを食品で摂取する方法
ウコンは食品として摂取することができますが、ウコンは苦みがかなり強いので、
基本的には料理などにいれたりして、工夫して摂取しなければなりません。

 

@生で摂取する
生、または摩り下ろして摂取する方法ですが、一度にたくさん食べると胃を荒らすことがあるので、
1日に10〜15g位を目安として、それを数回に分けて摂取するようにしましょう。

 

A料理して摂取する
ターメリックライス、ピラフ、サラダ、カレー、魚・肉の煮物など料理の風味や色付けに。

 

Bお茶で摂取する
スライスや粉末にして、お湯を注いで飲む方法です。

 

 

◆ウコンを粉末で摂取する方法
ウコン粉末の作り方は、生のウコンを水洗いをして、
薄くスライスしたあと、4〜5日ほど天日干し、後は家庭用ミキサーで粉にするだけです。

 

ウコン粉末の摂取方法としては、
・ダイレクトに口に含んで、水で流し込む
・オブラートに包んで飲む
・水やお湯、牛乳などに溶かして飲む
・料理に使用する

 

生で食べるときよりも、粉末にしたほうがクセが無く、摂取しやすくなると思います。

 

 

◆ウコンをサプリメントで摂取する方法
ウコンはサプリメントでも人気の成分で、
乾燥粉末のタイプや、エキスを抽出したものが主流となっています。

 

どちらのタイプがいいかといえば、断然エキス抽出タイプです。

 

なぜなら、乾燥粉末の場合、体内での吸収がほぼできないとされているからです。

 

そのため、ウコンを摂取する場合、エキス抽出したウコンサプリメントが効率的なのです。

 

また、ウコンのサプリメントを選ぶときには、
原材料、成分の含有量などをよく見て判断する様にしましょう。

 

注意する部分としては、クルクミンの含有量が記載されているのか、
ウコンエキスの含有量が記載されているのかで、まったく違ってきます。

 

できれば、クルクミンの含有量が記載されているものを選びましょう。

 

 

最後に、ウコンの飲み方をみてみましょう。

 

 

◆ウコンの飲み方

 

@複数回に分けて摂取する
1日数回に分けて摂取したほうが、体内での吸収効率が良いとされています。

 

A食後に飲む
ウコンのクルクミンは、油に溶けやすいという性質があるため、
油分を摂取した食事の直後に飲むのが、効率よく体内に吸収されます。

 

Bお酒の場面で摂取
ウコンは肝臓の働きを活発化し、アルコール代謝を促進します。

 

仕事の接待などの大事な場面で、
あまり酔いたくないときは、お酒を飲む前にウコンを摂取しましょう。

 

また、お酒で酔いたいけど、二日酔いしたくない場合は、
お酒を飲んだ後に、ウコンを摂取するようにしましょう。