ウコンと抗酸化作用

ウコンと抗酸化作用

ウコンには、強力な抗酸化作用があります。

 

 

抗酸化作用とは、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑えることです。

 

 

活性酸素は、生きていれば必ず体内に発生する物質です。

 

 

本来、活性酸素は適量ならば、細菌・ウイルスから体内を防衛してくれます。

 

 

しかし、ストレスや不規則な生活などで、
体内の活性酸素の量が過剰に増えすぎると細胞や内臓を傷つけます。

 

 

その結果、シミ、シワなどの老化や
ガン、糖尿病、高血圧などの生活習慣病などの病気の原因にもなります。

 

 

以下のような原因でも活性酸素は発生します。

 

・ 紫外線
・ 飲酒、喫煙
・ 車の排気ガス、ダイオキシン
・ 環境ホルモン
・ 殺虫剤、農薬、食品の防腐剤
・ 電磁波
・ 放射線

 

 

以下は、活性酸素の種類です。

 

 

◆活性酸素の種類
・スーパーオキサイド
 食事で摂取した、たんぱく質、炭水化物、脂質を エネルギーに変換するときに発生します。
 また、虚血、炎症、放射照射などの場合に発生し、生体内の活性酸素の中では最も毒性の高い酸素です。

 

・過酸化水素
 呼吸など、生態活動しているときに発生している活性酸素。
 SODによるスーパーオキサイド除去時や、
 キサンチンオキシダーゼなどのオキシダーゼの酵素反応等から生成します。 

 

・一重項酸素
 紫外線を浴びると、皮膚の細胞で大量に発生します。
 体内で発生した場合は、蛋白、脂質、DNAなどと反応し障害を起こします。
 これをを除去する物質は、トコフェロールやカロテノイドが効果的で、
 中でも、アスタキサンチンが強力に作用します。

 

・ヒドロキシラジカル
 一重項酸素と並んで非常に毒性の高い酸素。
 体内では、たんぱく質、核酸、脂質、糖質などと反応して細胞障害が生じます。
 また、毒性が高いため効果的な抗酸化物質は特定されていませんが、
 水に溶解しやすい為、アスコルビン酸(ビタミンC)により除去されると考えられています。

 

・過酸化脂質
 活性酸素と悪玉コレステロール(LDL)が結びつくと「過酸化脂質」が生成されます。
 これは血管に付着しやすい性質を持っているため、血液の通り道が狭くなり、
 高血圧になったり、心臓や脳への血流が悪くなって様々な疾患を起こすのです。
 アトピー性皮膚炎の場合には、過酸化脂質が皮膚の角質層を破壊します。 
 そして、皮膚の保湿機能が破壊され、乾燥肌となり炎症を起こすのです。

 

  炎症が皮膚に起こるものが:アトピー性皮膚炎
  炎症が粘膜に起こるものが:気管支喘息や花粉症、アレルギー性鼻炎
                       ↓
  炎症を起こすと、更に活性酸素の発生を促し、悪循環。

 

 

老化や生活習慣病などの病気は、
過剰な活性酸素による体の酸化が原因とされています。

 

 

ウコンに含まれている主成分であるクルクミンは、
体内に入ると消化酵素の働きによってテトラヒドロクルクミンという抗酸化物質となります。

 

 

このテトラヒドロクルクミンの働きによって、
体内に過剰に発生した活性酸素を除去し、体内の酸化を予防するができます。

 

 

それ以外にも、テトラヒドロクルクミンには、
メラニン生成に関わる物質の阻害やコラーゲン分解に関わる物質の阻害、
ヒアルロン酸分解に関わる物質の阻害をする働きがあります。

 

 

つまり、美容にも非常に効果が高いのです。